オールインワン

トリニティーラインジェルクリームプレミアムの潤い効果を口コミします

トリニティーライン

年齢とともに、肌のお手入れは頑張らないといけない、って思っていても、家事や仕事に忙しい毎日、なかなかしっかりお手入れができない日もありますよね。

とくに、忙しい朝は、たった一個でお手入れが完了するオールインワンで、肌ケアを済ませたいものです。

でも、加齢とともにセラミドが減少することで、カサカサ肌が気になる50代

オールインワンだけのお手入れでは、満足な保湿効果を感じられない方もいますよね。

バリバリに乾燥した肌にも、しっかりと潤いを与えてくれたオールインワンが、トリニティーライン ジェルクリームプレミアムです。

モンドセレクション8年連続で最高金賞を受賞

2016年には化粧品部門286製品の中から審査員賞「Prize of Jury」を受賞

セラミドが高濃度配合された大正製薬グループが開発したスキンケア、トリニティーラインのジェルクリーム

実際に1か月試してみてわかった、肌への効果や使い心地

そして、私の肌の水分量の変化などご紹介します。

トリニティーライン公式サイトへ

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの特徴

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムは、従来のオールインワンジェルが、85%以上が水だったのに対し

  • 水を一滴も加えず、95%が美容成分
  • 48種類もの美容成分を贅沢に配合!
  • 従来品の55倍もの「セラミド成分」を高配合
  • 濃厚な美容成分を肌の角層まで届ける2つのナノカプセル
  • 無香料・無添加・アレルギーテスト済み

乾燥しやすい年齢肌をしっかり保湿してくれるセラミドと、たっぷりの美容成分

しっかりエイジングケアしてくれるオールインワンです。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの口コミ体験談

トリニティーライン

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの蓋には、小さなポッチが3か所あります。

トリニティーライン

若く、健康な時は気が付きませんが、指先に力が入りにくくなる年齢になってくると、こういうちょっとした親切は嬉しいですね。

トリニティーライン

テクスチャーは、こっくりとしたテクスチャーは”ジェル”というよりは”クリーム”

パッと見たときは”重そうな感じ”がしますが、スパチュラですくってみると意外と軽いです。

まるで、ホイップされたバタークリームを混ぜているような感じです。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの使い心地

トリニティーライン

トリニティーライン一回の使用量はパール2つ分、付属のスパチュラ2つが適量です。

見た目が”重たい感じ”のするトリニティーラインですが、肌に乗せてくるくると伸ばす時には、余分な力も必要ありません。

油脂分の多いバニラアイスが肌の上で溶け出すような感じです。

トリニティーライン

するするっと伸びたジェル

そのまま肌にべたっと残るんじゃないの?と心配になりましたが、どんどんと肌に入り、手の甲のクリームのべたつきはどこにもありません。

トリニティーライン

肌に負担もかからず、しかも”しっとり”

皮脂量が少ない手の甲でも、もちもちとした感じが残ります。

使ってみると予想を裏切る軽さで、肌への負担を感じません。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの香り

無香料となっているトリニティーラインですが、香りはほのかにあります。

スキンケアの独特な香りよりも、皮膚科で処方される”保湿クリーム”のようだと感じました。

香料の独特な香りではないので、あまり気にならないと思います。

>>>トリニティーラインの詳細を見る

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム使用後の肌の水分量

保湿力の高さがポイントのトリニティーライン

どのくらい肌が潤うのか、肌チェッカーで肌の水分/油分を測定してみました。

  • 塗る前
  • トリニティーラインジェルクリームを塗って10分後
  • トリニティーラインジェルクリームを塗って1時間30分後

計3回にわけてチェックしました。

水分・油分の数値について

水分と油分量の理想的なバランスは季節や温度、湿度や空気の乾燥などにより基準となる数値が変化します。

今回測定したのは12月ですので、参考にするのは冬の『頬・口回りの』数値です。

頬・口回りの水分・油分量、冬の理想的な数値とバランスの目安

水分:30%~50%

油分:16%~28%

なにも塗らない”すっぴん”の肌の水分・油分量をチェック

肌チェッカー

スッピンの頬の水分量

理想の水分:30%~50%、油分:16%~28%

頬の水分:28%、油分:42%

乾燥した状態のままですと、バリア機能が低下して皮脂が過剰に分泌されます。

そのため、ぱっと見は”うるおい肌”にみえていますが、実は肌の奥が乾燥しているインナードライの状態です。

トリニティーラインを塗って10分後の肌水分量

肌チェッカー

10分後の頬の水分量と油分量

理想の水分:30%~50%、油分:16%~28%

頬の水分:41%、油分:27%

一気に水分量が上がり、油分が少なくなりました。

水分をしっかり抱え込む保湿成分とセラミドの効果で肌の内側から、ちゃんと潤ってきてます!

トリニティーラインを塗って1時間30分後の肌水分量

肌チェッカー

1時間30分後の頬の水分量と油分量

理想の水分:30%~50%、油分:16%~28%

頬の水分:35%、油分:23%

トリニティーラインを塗っただけの状態で、一時間半放置していた肌ですが、水分量は理想の数値を維持しています。

空気の乾燥する12月、エアコンの効いた部屋は、肌がものすごく乾きやすい環境です。

そのなかで、しっかりと潤いを維持できました。

塗った後のような”もっちり感”が、たった一個で持続できるので、かなり優秀なオールインワンです。

>>>トリニティーライン公式サイトで詳細を見る

トリニティーライン・ジェルクリームプレミアムを使った感想。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムを使ってみて一か月

高濃度のセラミドの力で肌をしっかり保湿し、肌バリア機能を高めてくれた結果、肌の乾燥が気にならなくなっています。

オールインワンの中でも、保湿力はグンと高く、塗った後のモチモチ感はかなりすごいです。

ただ、この保湿力の高さが肌にべたつき感を残すのがデメリットですね。

とくに、肌の乾燥が気になる場所への重ね塗りや、少し多めに使用したときは、しばらくペタペタした感じが残ります。

おすすめの使用量よりも多く使う、重ね塗りをするときには、ハンドプレスをしっかりしてあげると、浸透力が高まり早く肌になじみます。

オールインワンは便利だけど、保湿力に欠けるといった問題は、トリニティライン ジェルクリームプレミアムではまったく感じませんでした。

一日中、しっかりと保湿効果が続く、頼もしいスキンケアです。

>>>トリニティーラインの詳細をもっと見る

トリニティーラインジェルクリームの口コミと評価

トリニティーラインの保湿力、ほかの方はどのような評価をされているのでしょうか?

口コミサイトから実際に購入された方の評価を調べてみました。

50代・乾燥肌
50代・乾燥肌
もともとオールインワンはお手入れの最後のクリームだと思っているので物足りなさ感じることはありません。ただ劇的な商品でもないかと思います。まぁ普通です
40代・敏感肌
40代・敏感肌
季節によってはこれだけでもいいのかもしれませんが、乾燥が酷い季節は
お肌が潤う感じは…残念ながらあまり実感出来ませんでした。
50代・乾燥肌
50代・乾燥肌
使い始めて1週間くらい経ちますが、私の肌に合っているのかモチモチっとしてきてとても肌にいい感じです。洗顔してジェルクリームプレミアムを塗るだけなので簡単です
30代・敏感肌
30代・敏感肌
気が付いたら肌が以前よりモチモチ!ピンと張っています。
最近、目元のたるみが少し気になってきていました。それが、本当に気にならなくなってきています。
40代・混合肌
40代・混合肌
嫌な匂いもなく、後から香りをつけた風でもなく、個人的には心地よいです。基本的には一年中これ1つで大丈夫です。

保湿効果が期待できるほどではなかったといった口コミもありましたが、

使い心地の評判は良さ、「肌がモチモチになった」「プルプルとした弾力を感じる」といった、潤い効果の持続力に満足されている方が多かったです。

>>>トリニティーライン公式サイトの口コミを見る

トリニティーラインジェルクリームの成分

シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

化粧品は配合量の多い順番に成分名が記載され、普通のオールインワンや基礎化粧品の場合、一番最初に来るのは「水」「精製水」となっています。

トリニティーラインは、保湿効果が高く、毛穴を引き締水の代わりにシラカンバ樹液が使われています。

このシラカンバ樹液の主な成分は、タンニン・サポニン・フラボノイド・ビタミンCを含み

  • 保湿効果
  • 血行促進
  • 肌の引き締め
  • 抗炎症作用

このようは効果があります。

これを水の代わりに配合しているのですから、エイジングケア用オールインワンとして、かなり優秀ですね。

もうひとつ、注目したいのがセラミド2の配合量。

セラミド2は、人間の肌に最も多く含まれているセラミドで、皮膚の保湿力が高いのが特徴です。

化粧品の原料として比較的高価なセラミドが、成分表の9番目に記載されているということは、かなり贅沢なスキンケアです。

↓↓↓トリニティーラインのお得な情報はこちら

トリニティーラインの購入方法

トリニティーライン

トリニティーラインは、店舗で直接手に取って購入することができます。

また、楽天・amazonでも販売されていますので、ポイントをためている方ですと公式サイトよりもこちらで購入したくなります。

でも、公式サイトでの購入なら、通常価格3,800円(税抜き)が、初回購入1,900円(税抜き・送料無料)でお試しできます!

ただし、こちらは定期コースでの申し込みの方に限り、初回半額で購入可能です。

  • 継続回数や定期購入の縛りなし
  • 定期コースは2回目以降は10%OFF送料・手数料も無料
  • いつでも休止・解約可能

定期コースですと、最低購入回数の約束があるものもありますが、トリニティーラインはいつでも解約・休止可能です。

初めてのスキンケアを気軽に試せるのは、やはり公式サイトならではの特典ですね。

トリニティーラインを購入する

トリニティーライン ジェルクリームはこんな方におすすめ

  • 保湿効果の高いオールインワンが好き
  • 簡単にエイジングケアをしたい
  • 一日中、肌に潤いが欲しい

セラミドが高配合されてるトリニティライン

年齢とともにセラミドが減少し、肌の乾燥が気になる50代以降の女性のスキンケアとして使えるオールインワンジェルです。

肌が乾燥しやすい

でも、忙しくってスキンケアに時間がかけられない

シンプルにお手入れをしたいけど、しっかりエイジングケアをしたい方は、美容成分が95%、セラミド成分が高配合のトリニティーライン、ぜひお試しください!

トリニティーラインの詳細を見る