50代からの美容と肌ケア

コラーゲンは飲む?塗る?どっちが早く肌にハリや潤い感じる?

女性

50代になると、体内のコラーゲン量は20代の頃の半分以下

体内のコラーゲン量が減り・古くなってしまうことで、肌は弾力を失い表皮が支えきれなくなってきます。

これが「しわ」や「たるみ」の原因となるのです。

あなたは、コラーゲンが体内で減少し、肌が老化するのは「年だから・・・」と諦めてしまっていませんか?

じつは、減少してきたコラーゲンを上手に補ってあげることができれば、肌の老化を遅らせてあげるんですよ。

でも、コラーゲンって飲むのと塗るのでは、どっちが早く肌に効果を感じることができるの?って気になったことありませんか?

結論から言うと、塗るほうが早く肌にコラーゲンの効果を感じることができます。

でも、長い目でみると飲むコラーゲンも肌のたるみを改善させるためには効果があります。

塗る・飲むどちらも試してみた私が、コラーゲンの肌への効果をご紹介します。

飲むコラーゲン。塗るコラーゲン両方試してみました

肌の老化

あなたは、どの年齢くらいから肌の老化に「ビクッ!!」と焦りだしましたか?

私が真剣に肌のたるみが気になりだしたのは40代後半

コラーゲンなどの生成を促進させる作用をもっている女性ホルモン「エストロゲン」の減少が気になってきたころからです。

更年期の体はエストロゲンの分泌量が減ることで、体内のコラーゲンはさらに減っていき、見た目でわかるほど肌は老化しだします。

そこで、気になる「しわ」「たるみ」少しでも遅らせるために、使ってみたくなるのがコラーゲン。

どっちが50代の肌にとっていいのか?迷うんですよね・・・

そこで今回、 コラーゲン原料 国内シェアNO.1の(株)ニッピから販売されている

  • ニッピコラーゲン100
  • スキンケア ジェル NMバランス

この2つのコラーゲンを試してみました。

50代の肌には塗るコラーゲンのほうが効果を実感しやすい!

スキンケア ジェル NMバランス

加齢とともにコラーゲン量が減っている肌

紫外線・エアコンの冷気・外気と室内の温度差、肌にとっては”かなり過酷な状況”が重なる季節

お手入れをさぼると肌は乾燥し「しわ」が一気に増えてきます。

そこで、疲れてしまった肌に、コラーゲンを塗る・飲む、どちらが早く肌のコンデイションを整えてくれるのか?

興味津々で使ってみた結果!

肌に直接コラーゲンを塗ったほうが、肌のきめが早く整いました!

あわせて読みたい
スキンケアジェルNMバランス
スキンケアジェルNMバランスの使い心地と肌への効果を口コミしますコラーゲンを、しっかり肌に実感できる美容液、ニッピの生コラーゲン”スキンケアクリームナノアルファ”です。 このナノアルファ、201...
▼スキンケア ジェル NMバランスの詳細を見てみる▼
バナー原稿imp

生コラーゲンだからこそわかる肌への実感

今まで使ってきたコラーゲンの中で、一番早く実感できたのがスキンケア ジェル NMバランスでした。

スキンケア ジェル NMバランスは

  • 肌のうるおいとハリを支えるⅠ型コラーゲンを「三重らせん構造」を保ったまま抽出
  • 加熱処理された他のコラーゲンと比べて約2倍の”うるおい”を保つ生のコラーゲン
  • 肌の角層まで浸透する最小サイズのナノコラーゲン
  • 医療用メディコラーゲン配合

加熱処理されていないナノサイズの生のコラーゲンと、医療用メディコラーゲンだからこそ、より早く実感できるのが特徴です。

スキンケアジェルNMバランス詳細を見る

コラーゲンを飲んでも肌に実感できるとは限らない

肌に直接塗るほうが、うるおいやハリを実感しやすいので、肌ケアには飲むタイプのコラーゲンは必要ない気がしますよね。

ニッピコラーゲン100を口コミサイトで評価をチェックしてみると、肌にすぐ実感できない、数か月飲んで実感できたといった感想が多くありました。

実際に飲んでみた私も、20日間のお試し後に爪は丈夫になってきた?気がしましたが、肌に大きな変化はありませんでした。

そのため、コラーゲンは肌に塗ったほうが、より実感しやすいと判断したのです。

では、どうして肌に実感できた人、なかなか実感できない人に意見が分かれてしまうのでしょうか?

その理由は、必ずしも潤いが足りなくなった肌だけに、コラーゲンが届くわけではないからです。

身体のあらゆる場所で使われるコラーゲン

ニッピコラーゲン

コラーゲンを内側から取り入れた場合、すべてが頬や目元など顔の気になる箇所のハリや潤いに効果を発揮してくれるわけではありません!

内臓・骨・血管・皮膚・関節・目・髪などあらゆる場所で必要とされてるコラーゲン

私がいくら「お肌がキレイになりますように」って願いながら摂取しても、その願いは届くことはありません。

まずは内臓や骨、血管などコラーゲンが特に足りていない場所から自動的に働きかけていきます。

そのため、お肌への効果を期待して飲んでいても、なかなか実感できない人もいるのです。

でも、飲めば体全体のケアをしてくれます。

それに、肌が老化してハリがなくなるのは顔だけではありません!

手や首、足、髪など、自分ではなかなか気が付かない部分も、加齢とともにハリを失っていきます。

  • 関節の痛みがなんとなくなくなってきた
  • 爪が丈夫になった気がする
  • 髪に艶を感じる
  • 肌の乾燥が軽くなった気がする

など、人によって体感できる場所が違ってくるのは、ちゃんとした理由があるかならんですね。

肌のたるみには飲むコラーゲンが必要な理由

血管や骨といった、生きていくためにや大切な場所から使われているコラーゲン

肌に最初に効果を感じないのなら、塗るコラーゲンだけでいいの?

といった疑問もでますが、どうも肌のたるみを改善するためには、コラーゲンを飲むことも大切なポイントになっているようです。

骨密度の減少が顔のシワ・たるみの原因!

50代になると、女性ホルモン「エストロゲン」が減少することで、骨密度が低下していきます。

これは、頭蓋骨も同じことで、痩せてもろくなった頭蓋骨が肌の老化の原因になっている可能性があるそうです。

参考サイト:太陽笑顔fufufu

肌の老化のスピードを緩やかにするためには、飲むコラーゲンも50代の肌に必要になってきます。

あわせて読みたい
顔のたるみにはコラーゲン!ニッピコラーゲン100の口コミ体験談40代よりも50代、年々乾きやすくなっていく肌 閉経前後の肌からは、真皮層にあるコラーゲンの量がガクンと減っていきます。 そ...
▼ニッピコラーゲンの詳細を見てみる▼
バナー原稿imp

体全体のケアをする=若々しい見た目になれる、と考えてもいいようですね♪

ニッピコラーゲン100の詳細を見る

飲むコラーゲン・塗るコラーゲン1つだけ選ぶならどっちがおすすめ?

女性ホルモンが減少する50代は、体内のコラーゲンが急激に減少する年代です。

肌だけではなく、骨・関節・血管など体全体のケアするためには、やはり飲むコラーゲンは必要だと感じます。

でも、もしも一つだけ選びたいんですけど?と質問されたら

肌をできるだけ早くふっくらさせたいなら、まずはスキンケアクリーム ナノアルファを試してみてと答えます。

>>>スキンケアジェルNMバランスの詳細をもっと見る

肌も骨も関節も、とにかく年とともに気になることをケアしたいなら、ニッピ100を毎日忘れず飲んでと答えます。

>>>ニッピコラーゲン100の詳細をもっと見る

コラーゲンのまとめ!

コラーゲンは飲んでも肌に塗っても効果なんてない!

なんて言われる方もいますが、コラーゲンが不足している50代の肌には、塗るコラーゲンの効果を感じることができました!

年齢による肌の不調や関節の悩みを抱えている女性なら、コラーゲンなんて・・・と思わずに、まずは試してみてくださいね