アスタリフトの赤い成分で顔が赤くなる?アレルギーの危険性は?

エイジングケア基礎化粧品

濃いオレンジ色が特徴の「アスタリフト」

使い続けているうちに肌が赤くなってしまうのでは?と心配される方もいるようです。

また、甲殻類アレルギーがあるから、アスタリフトは使えないのでは?と心配の声も

そこで、アスタリフトに配合されているアスタキサンチンの安全性や、使用上の注意などをまとめてみました。

アスタリフトで顔が赤くなることはありません

アスタキサンチンを配合しているアスタリフトは、すべての基礎化粧品がオレンジ色をしています。

そのため、使い続けているうちに「肌が赤くなってきた」という心配をされる方もいますが、アスタリフトの継続使用をされても顔色が赤くなることはありません。

A:アスタリフトシリーズの「赤色」は、肌に残ったりしませんか?

Q:アスタキサンチンはお肌で効果を発揮すると無色透明になるため、肌への色素沈着の心配はありません。ご安心してご使用ください。

アスタリフトで甲殻類アレルギーの危険性は?

アンチエイジングが期待できる成分として、化粧品やサプリメントなどで注目されているアスタキサンチン

アスタリフトはこの成分を配合することで、肌の老化による悩みをケアしていくスキンケアです。

ただし、このアスタキサンチンを使った化粧品は、甲殻類アレルギーを持つ方にとっては、かぶれなどの肌トラブルの原因となるため、原材料に注意が必要になります。

アスタリフトに配合されているアスタキサンチンは、赤と白では原料が違います。

アスタリフト「赤いスキンケアシリーズ」のアスタキサンチン

アスタリフトベーシック(赤)のアスタキサンチンは、藻を原料としているので甲殻類アレルギーの心配されるかたでもお使いいただけます。

アスタリフトベーシック(赤)に使われているアスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻という藻が原料です。

アスタキサンチンは、一部の藻類やオキアミ、エビ、タイ、サケなど自然界の多くの動植物組織中に広く分布しており、甲殻類では殻に、それらをエサとするマダイでは体表に、サケ科魚類では筋肉の赤色部分などに存在します

引用元:化粧品成分オンライン(アスタキサンチンの成分効果と毒性を解説)より

参考ヘマトコッカス藻由来アスタキサンチン:アスタリールの安全性

アスタリフトホワイト(白)のアスタキサンチン

アスタリフトホワイト(白)に使われているアスタキサンチンは、オキアミ由来成分が原料になっています。

そのため、甲殻類アレルギーのある方は、アレルギー反応が出てしまう可能性はゼロではありません

甲殻類アレルギーの方は、アスタリフトベーシックを選んでください。

アスタリフトご使用の前にはパッチテストを

アスタリフトの赤いスキンケアシリーズのアスタキサンチンには、アレルギーの心配はないとのことですが、絶対にアレルギーが起きないというわけではありません。

アスタリフトのベーシック・ホワイトどちらも、初めてお試しされる方は、必ずパッチテストをして安全を確かめてからケアを始めてください。

アスタリフトの界面活性剤・防腐剤について

アスタリフトは無添加化粧品ではありません。

アスタリフトに配合されている界面活性剤・防腐剤は必要最低限の量しか配合されていないので安全性について問題はありません。

アスタリフトの使用期限

アスタリフト開封後も、安全にお使いいただくためには使用期限・保管方法にご注意ください。

未開封のものは製造から3年以内

ただし、手元に届くまでの期間を考慮し、お届けから1年以内に使用することを推奨

アスタリフト開封後の使用目安は「早めに」としか記載されていませんが、目安としては3か月~半年以内に使いきることをおすすめします。

直射日光・高温多湿になる場所をさけて保管をしてください。

まとめ

アスタリフトは年齢・肌質を選ばずお使いいただけるスキンケアですので。敏感肌・乾燥性敏感肌のかたでも肌ケアにお使いいただけます。

ただし、次の2点に注意をしてください。

  1. お肌が敏感な方は、必ず使用前にパッチテストを行うこと
  2. ニキビや肌荒れなど、炎症などのトラブルがある場合には使用を控えること

関連記事>>>アスタリフトの口コミと効果!ジェリーアクアリスタの評判と美白も検証

タイトルとURLをコピーしました