50代、乾燥肌におすすめ保湿力の高いオールインワンジェル

女性

肌の乾燥、くすみ、たるみなど、様々な悩みを持つ50代の肌。

毎日のお手入れで、これらの悩みをすべて解決しようとすると、何種類ものアイテムを使わないといけませんが、

  • 毎日忙しくって、肌の悩みだけに時間を使えない。
  • お手入れは頑張りたいけど、正直なところ面倒
  • 何種類も使うと肌に負担がかかるから、最低限のお手入れで済ませたい

化粧水・乳液・クリーム・美容液、化粧下地など、多くの役割を持つオールインワンなら、この悩みがすべて解決してしまいます。

50代、乾燥が止まらない肌のためのオールインワンジェル

シワ・ほうれい線・肌のくすみなど、すべては肌の乾燥が関係しています。

肌の乾燥対策をすることが、50代でも美肌になるための最短ルートです。

迷った場合には高保湿成分のオールインワンを選んでください

保湿効果が高い代表的な成分

  • セラミド(なかでもヒト型セラミド)
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン
  • ビタミンC誘導体

50代の乾燥しやすい肌もしっとりとさせるオールインワンジェルを3つご紹介します。

モイストゲルプラス

肌のハリ・弾力の実感度92%、細胞再生因子として注目の高いEGF・コエンザイムQ10・レチノール・ビタミンCを贅沢に配合。

美容皮膚科医監修のもと7つの無添加とエアレスボトルで敏感肌にもやさしい設計。

濃密&高浸透のゲルで、ふっくらとしたハリのある肌をになれるオールインワンです。

通常価格4,572円(税別)
定期購入通常価格の15%OFF、3,887円(送料無料)
初回特典定期コース初回は、50%OFFの2,286円(送料無料)
解約・休止いつでも休止・解約可能
返金保証商品到着から14回以内全額返金保証
成分天然ナノセラミド・ヒト型セラミドコンプレックス・ヒアルロン酸・EGF・コエンザイムQ10・レチノール・ビタミンCなど
リ・ダーマラボ モイストゲルプラス
モイストゲルプラスの口コミと効果!50代の体験レビュー口コミで高評価のリ・ダーマラボ(Re deamalab)のモイストゲルプラス。保湿力に絶賛される方も多く、エイジングケア重視のオールインワンとして人気があります。そんなリ・ダーマラボモイストゲルプラスの保湿効果は本当なのか?50代乾燥肌が実際に試してみました。...
ローヤルゼリーもっちりジェル

たっぷりと配合されたローヤルゼリーと4種類のセラミドを配合。

3つのカプセル美容成分など40種類の美容成分がグングンと浸透し「すっぴんに自信」とTVでも話題の200万個も売れたオールインワンジェルです。

通常価格3,420円(税込)
定期購入通常価格10%OFF
初回特典定期購入は初回は1,710円円(送料無料)
解約・休止いつでも休止・解約可能
成分ハチミツ・ローヤルゼリー・コラーゲン・セラミド・米エキス・グルコシルセラミド・セラミド2・セラミド3・セラミド6など
ビューティーオープナージェル

赤ちゃんの肌に最も多く、年齢とともに失われてしまうⅢ型コラーゲン

このⅢ型コラーゲンの生成をサポートする卵殻膜の力で、肌に早く潤いとハリを実感できるオールインワンジェル

 

通常価格4,500円(税別)
定期購入通常価格20%OFF・送料、手数料無料
初回特典定期コースは初回1,980円(送料無料)、回数の縛りなし
解約・休止いつでも休止・解約可能
成分加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸・セラミドNP・セラミドNG・セラミドAP・プロテオグリカン・スクワランなど

50代の肌にあったオールインワンジェルの選び方

美容 スキンケア

たった一個でお手入れを完了できてしまうのに、しっかりエイジングケアもできるオールインワン

最近では、美白やたるみケアに期待できる成分も配合されたものも増え、50代の悩める肌にも満足できそうなオールインワンが増えました。

でも、あまりにも種類が増えすぎてしまい、どれも良さそうな感じだけど、今の自分の肌が求めているものが分からなくなっていませんか?

たった一個でお手入れが完了してしまうオールインワンだからこそ、肌に悩みに合わせてしっかり選ぶ必要があります。

あなたの肌が、今一番必要だと感じる成分が配合されているものを選んで使ってください。

  • 肌の乾燥が気になるなら保湿効果の高いもの
  • 肌のくすみが気になるなら美白成分が入っているもの
  • たるみが気になるのなら、肌のハリに期待できる成分が配合されているもの

沢山の種類の美容成分が入ったものを見ると、つい「これのほうが肌にいいの?」と思いがちですが、成分の濃度が低くあまり期待できないものもあるので注意が必要です。

美白効果をうたったオールインワンジェルは、医薬部外品のものが多いので、まずは有効成分をチェックしてください。

また、保湿・美白。たるみケアに選びたい代表的な成分を知っておけば、一番気になっている肌の悩みにあったオールインワンを選ぶことができます。

各メーカー独自の成分を配合しているオールインワンもあるので、その成分がどの悩みを解決してくれるのかも注目しましょう。

50代は保湿効果を最優先にオールインワンジェルを選ぶ

微笑む50代女性

50代女性の肌は、

  • 女性ホルモンの減少によっておきる真皮層のコラーゲンの減少
  • 加齢によるコラーゲンの産生や新陳代謝の低下
  • ターンオーバーの低下による保湿因子の減少
  • 50代になると20代のころの半分まで減少してしまうセラミド

このようなことが重なることで、肌の乾燥など悩みが深くなっていきます。

肌のくすみやしわ、たるみなど、沢山の問題点を抱えてしまう50代の肌

つい、一緒にすべてをケアしたいと考えてオールインワンジェルを選びたくなりませんか?

でも、実際に使ってみたり成分表をじっくり見てみると、「この悩みには最高に応えてくれる」と「ここが物足りない」が必ず同居しています。

ですから、オールインワン一個でお手入れをするのなら、一番悩みが深いところにポイントを置いてオールインワンジェルを選ばないといけません。

そのなかで一番必要なのは、乾燥しやすい肌を「保湿」して守ってあげることです。

もしも、どれ選んでいいのか迷った場合には、保湿効果の高いセラミド・ヒアルロン酸・プロテオグリカンなど、保湿効果の高い成分が配合のものを選んでください。

50代、オールインワンジェルの価格の目安

お値段に関しては、50代の肌にはあまりにもお値打ちなものはおすすめできません。

たった一個でお手入れが完了できるオールインワンジェルには、沢山の保湿成分やエイジングケア成分が配合されています。

そのため、価格が3,000円以下の場合には、エイジングケアに必要な成分の配合量そのものが少ない可能性があります。

いくら使っても肌が満足してくれない、このような問題に悩まないためには、3,000円以上のものを選んでください。

50代、オールインワンジェルの効果的な使い方

たった一個で何役もの機能を持つオールインワンは、肌に負担を掛けたくない、短い時間でお手入れを完了したい50代にはピッタリのスキンケアです。

でも、お手入れのステップが楽な反面、「肌が乾燥する」「思ったほど肌に良くなかった」「メイクがよれる」などの問題も感じている方もいます。

オールインワンジェルは簡単に使えるからこそ、50代は”ただ塗る”だけでは物足りなさを感じてしまうかもしれません。

そこで、オールインワンジェルの効果的な使い方をご紹介します。

肌の乾燥が気になるときには重ね塗りをしよう

オールインワンジェルには、それぞれ使用量の目安があります。

ですが、乾燥しやすくなった肌では、この量では少々物足りないこともあるので、こんな時には少し多めに使ってください。

ただし、一度に塗ってしまうのではなく、目安量をゆっくりと肌になじませた後、その上から重ね塗りをするのがおすすめです。

この方法であれば、重ね塗りをする必要のないTゾーンを避けることができますし、乾燥しやすい口元や目元、ほうれい線などしっかり保湿することができます。

ハンドプレスでしっかり浸透させよう

どんなにエイジングケアに良い成分が配合されてるオールインワンジェルでも、肌にしっかり浸透させてあげないといけません。

方法は簡単です。

手のひらで顔を包み込むようにして、優しくしっかりプレスしてあげるだけです。

メイクがよれるのを防ぐ方法

一個で何役もこなすオールインワンジェルですが、メイクをすると”よれる””モロモロがでる”といった問題があります。

このメイクよれを解決するために、朝の使用量を控える方もいますが、日中の肌が乾燥しやすくなる原因にもなるので、最低でも目安量はきちんと使いましょう。

2つのポイントをシッカリ押さえておけば、メイクのよれを防げます。

  1. 浸透力を高めるためにハンドプッシュをする
  2. 肌にしっかり浸透するまで少し時間をおく

オールインワンジェルなら化粧水・乳液・クリームなど数種類のステップが省くことができるのですから、数分の手間はかけてあげましょう。

肌の調子に合わせて使い方を変えてみる

オールインワンジェルの最大のデメリットは、敏感に変わる肌に対応するのが難しいことです。

女性の肌はとってもデリケートで、体調や気温など様々なことが肌に影響してしまうため、オールインワンを重ね塗りしたり、ハンドプレスをしても納得できない日はあると思います。

そんな時には、オールインワンジェルに他の化粧品を合わせて使ってください。

おすすめは次の2つです。

  1. 化粧水を使った後にオールインワンジェルを使う
  2. 美容液を使った後にオールインワンジェルを使う

美容液はスキンケアの浸透を高めるタイプの導入美容液がおすすめです。

オールインワンジェルは時短ができることもですが、なによりも肌への刺激や負担を減らすことで、肌のバリア機能を守ってくれるのが最大のメリットです。

乾燥する50代の肌は保湿をメインで基礎化粧品を選ぶ!

50代になって、どんどんと加速する肌の乾燥

今までの基礎化粧品では、肌が満足できない年齢になってきます。

美白・ハリ・ほうれい線、スキンケアを選ぶときには、自分の肌の気になる問題に合わせて選びます。

でも、50代の肌に一番大事なのは保湿効果!

肌が乾燥したままでは、どんなに素敵な成分だって肌は捕まえておくことはできません。

女性ホルモンが激減する50代の肌は、内側からカラカラに乾いていきます。

肌の表面が潤っているように見えても、じつは内側が乾燥しているインナードライになっている可能性もあります。

表面だけの保湿で満足してしまうことも、肌の老化を加速させてしまう原因・・・

自分が想像するよりも乾いてる肌に潤いを取り戻すためには、水分をつかんで離さない成分が配合されたスキンケアを選ぶ必要があります。

50代のスキンケアは肌に負担をかけないシンプルケアが基本

あなたは肌のお手入れにどのくらいの時間をかけていますか?

美魔女の方や雑誌のスキンケア特集をみていると、かなり皆さん時間をかけているようなんですが、実際のところどうなんでしょうか?

そこで、株式会社ポーラ・オルビスホールディングスが15歳~64歳(1554人)を対象にスキンケアに関する調査の結果を見てみました。

肌ケアに熱心な人のスキンケアにかける時間

  • 肌ケアに熱心な人は、夜のスキンケアに時間をかける。
  • スキンケアの平均所要時間は朝は15分、夜は20分

肌ケアに熱心ではない人のスキンケアにかける時間

  • スキンケアの平均所要時間は朝は9分、夜は9分

参考資料:女性の平均的なスキンケア行動は?

こうやってみると、肌のお手入れにかける時間に倍以上の差がありますね。

きっとこの差が一年後、5年後、10年後の肌の若さに大きな開きとなって出てくるのでしょう。

たしかに、肌は気まぐれにお手入れしても「きれい」にはなっていかないものですが、いくつにかっても素肌がキレイな方って、驚くほどシンプルケアの方が多いんですよ。

50代の肌は女性ホルモンの急激な減少で、「乾燥肌」「敏感肌」「揺らぎ肌」になりやすくなっています。

肌の悩みに合わせてあれこれ足し過ぎてしまうと、かえって肌の老化を早めることがあります。

ゆらぎやすい50代の肌は、足し算よりも引き算しながらスキンケアをするのがおすすめです。

毎日ほんの数分プラスするだけで、肌の調子はかなり上向きになっていくので、50代は少ない手順でも「ほんの少しだけ」時間をかけてみてください。

そこでおすすめなのが、オールインワンジェル(オールインワンゲル)を使ったお手入れです。

たった1個で、数種類のお手入れを完了させることができるオールインワンジェルは、肌に負担を減らすことができる優れたスキンケアです。

オールインワンジェル正しい方法で使っていますか?

女性

スキンケア用品の説明書に書かれている使用量で、肌のお手入れ頑張っていますか?

私は、ほとんど無視して使っていました・・・

最初の頃は、使用量が500円玉くらいを、ちゃんと意識して使ってはみるんです。

でも、500円玉くらいの化粧水の量って、意外と多いって感じることありませんか?

長い間いい加減なスキンケアを続けたきた私にとって、説明書通りの量って意外と多いんですよ。

「肌にゆっくり浸透させてあげる」こんな大切なことを知らなかった私

量はこのくらいでOKよね!

なんて自分で勝手に決めてしまうものですから、使用量が約1か月分のスキンケア用品だって、時には2か月以上使うことができちゃうわけです。

反対に肌の乾燥が悪化するとバシャバシャと一度に大量に使ってみたりもしました。

でも、この方法も決して美肌へとなるわけではありません。

表記されている量を、2回に分けて肌にのせてあげるのが、50代の肌にしっかりと染み込んでくれます

今まで「多い!!」と感じていた使用量は、決して多くはなかったのだと実感できるものです。

もちろん乳液やクリーム、そしてオールインワンだって、おすすめ使用量を超えて肌にのせるときには、2回にわけてゆっくり浸透させてあげるのが大切なポイントです。

50代の肌、ハンドプレスでゆっくり浸透!これ大事!

女性 マッサージ

どんなに保湿力の高い「オールインワンジェル」を使っても、肌が満足できない日もあるものです。

そんな時に、美肌の持ち主の友人が「手で顔を包み込んであげるといいんだよ!」って教えてくれたんです。

この方法、手のひらで温めた化粧水やジェルを、手のひらや指先を使って肌に密着させるように優しくのせてあげるんです。

  1. 化粧水を顔全体につけたら、手のひらで全体を包み込むようにして優しく10秒プレス
  2. 顎と、額を手のひらで優しく10秒プレス
  3. ほうれい線や小鼻回り、目の周りを、指先で優しく10秒プレス

なれるまでは「面倒・・・」って思っちゃうんですが、きちんとハンドプレスをしてあげると、しないのでは肌の調子はかなり違ってきます。

肌荒れしているときには注意をする

ただし注意点が一つあります!

肌の乾燥により、白く粉をふいているとき、敏感肌になってしまっているときには、ハンドプレスはおすすめできません。

私、今年の花粉症の季節に、カサカサになってしまった肌に「じっくりハンドプレス」したら肌が赤くなってしまったんですよ。

化粧水の浸透力を高めてくれるハンドプレス

乾燥肌を防ぐのにはかなりおすすめですが、肌の調子に合わせてあげないと肌が負けてしまう可能性もあります。

自分の肌と会話するように、お手入れが必要ですね。

肌のお手入れにほんの少しだけ時間をかける!

肌の老化

私、今でこそ最低でも10分程かけますが、ほんの一年ほど前までは、3~5分で終了といういい加減なお手入れ。

40代までは、こんな短時間のお手入れでも大きな肌トラブルはありませんでした。

でも、50歳になると肌ケアに時間をある程度かけないと、肌が恐ろしい速度で老化を始めます。

朝の洗顔後にパパっとオールインワンを塗り、パッとメイク

夜は夜で、スキンケアをただ顔にパッと塗ってお終い

そんな簡単なスキンケアをし続けた結果、50代になって乾燥肌が悪化し、顔には粉が吹きシワが急に増えてしまいました。

キレイな肌の女性を見かけるたび、「じっくりお手入れする時間があって羨ましい」と心で思う日々

でも、本当は毎日のお手入れに数分だけプラスしてあげるだけで、美肌へと変わることを知らなかっただけでした。

結果はすぐにでない!でも、少しずつ肌は生まれ変わる

50代の肌は、若い時と違って肌のターンオーバーが遅くなっています。

そのため、なかなかスキンケアの効果が出にくく、ハッキリとした変化を感じにくいものです。

でも、ちょっとだけ鏡に映る自分の顔をじっくり見てください。

手で肌の手触りを確かめてみてください。

  • 以前よりも肌に透明感が出てきた?
  • 口周りや、ほうれい線のあたりがピンとしてきた?
  • 小鼻の毛穴が目立たなくなってきた?
  • 肌荒れがなんとなく収まってきた気がする

こんなふうに、ほんの少しの変化を見つけることができたら、もう少し頑張れる気がしませんか?

数か月使ってみて効果がないからとあれこれ変えてしまう前に、今の肌の調子がどうなのかじっくり観察してみることが50代の肌には必要です。

まとめ

50歳になると肌の乾燥は止まらなくなります。

そして、体調や季節の変わり目には敏感肌に傾く『ゆらぎ肌』になってしまうことも

もちろん、肌の悩みが深刻になってしまったのは「更年期」や「加齢」も関係があります。

でも、それだからといって年齢肌をそのままにしておけば、肌の老化は加速していきます。

50代の肌はとってもデリケート。

肌負担を減らすことができるオールインワンなら、敏感になりやすい肌に何度も手を触れることなくお手入れが完了することができます。

今のあなたの肌に合ったオールインワンジェルで、ぜひ美肌を目指してください。